仕事

【20代】転職すべきか悩んだ時に考えてほしいこと3選

  1. HOME >
  2. 仕事 >

【20代】転職すべきか悩んだ時に考えてほしいこと3選

未経験の業種に挑戦したい!

職場環境や人間関係が合わない...

キャリアアップを目指したい!

といった思いで転職を考えている時

  • 今の会社での勤続年数が少ない
  • 転職回数が多い
  • 今のスキルでも通用するのか不安

といった悩みが頭をよぎって、なかなか転職に踏み切れない方もおられると思います。

転職しても悩みが解消されず「また転職したくなった...」となればキャリアに傷が付いてしまいかねません。

そこで今回は「20代で転職したいと思った時に考えてほしいこと」について紹介します。

●本記事は転職鉄板ガイド様のご提供を頂き執筆しています。

転職以外の解決手段がないか考える

本格的に動き出す前に、まずは転職理由を整理して「本当に転職すれば悩みが解消されるのか?」自分に問い掛けてみましょう。

「早く転職したい!」と焦る気持ちはわかりますが、ここで冷静になるのが転職成功へのポイントとなります。

また、転職理由によっては現在の職場で解決できる可能性もあります。

例えば、「今の仕事内容に飽きたから転職したい」という理由であれば、違う部署に変えてもらうことで仕事内容が変わり新鮮な気持ちで仕事に取り組めるかもしれませんし、今までの部署で培った経験を活かせれば社内でのキャリアアップも期待できます。

このように、現在の職場で解決できないか模索してみましょう。

 

転職したいけど不安な点があって踏み切れない時

転職以外の解決手段を模索しても、解決が見込めず転職したい。しかし、勤続年数やキャリアなどで不安があり転職へ踏み切れない時はどうすればいいか?

こういった悩みに答えてくれる記事を紹介します。

こちらの記事は、20代の転職事情について紹介されていて、現状の自分が転職すべきか判断する為に役立つ情報が掲載されています。

「企業は何回目の転職から気になるのか?」や「20代の前半と後半で求めていることについて」など、企業の立場から見た本音がわかり転職すべきか判断する上で参考になると思いますので、是非読んでみてください!

 

過度のストレスや心の病を患っている場合は転職ではなく休む

ここまで転職すべきかよく考えるように記事内で伝えてきましたが1つ例外があります。

過度のストレスを感じていたり、心が病んでしまっているなどの理由で転職を考えている場合は、転職活動をせずに休む時間を取るべきです。

特に、朝起きるのが異常に辛かったり、出社するのが辛すぎて涙が出る。

など、身体に異常をきたしていると少しでも感じていたら精神科や心療内科の病院を受診することをおすすめします。

「お金や将来の心配で休めない」と感じている方もいるかもしれませんが、状況が悪化して「適応障害」や「うつ病」などの精神病になってしまうと回復に時間がかかり、社会復帰までの道のりが長くなります。(実体験です。)

また、過度のストレスや心が病んでいる状態でその環境から逃れたい一心で転職してしまうと、正常な判断ができずに転職失敗に陥る恐れもあります。そうならない為にもまずは一度休む時間を取リましょう。

 

最後に

転職は人生の転機に繋がる大きなイベントといっても過言ではないと思います。

今よりも良い人生を掴み取る為にも、安易な選択はせずに様々な情報から転職すべきか判断したり、実際に転職活動をする場合も転職サイトやエージェントをフル活用して転職成功へと繋げましょう!

今回ご紹介した転職鉄板ガイドでは、各転職サイトの比較や検索や転職にまつわるコラムなどが掲載されていて、転職活動への情報収集に役立つと思いますので、是非チェックしてみてください!

詳しくはコチラ

スポンサーリンク

-仕事