仕事

【PR】地方から東京への転職を目指す方が一度は読んでほしい記事

2022年4月1日

本記事は転職info様のご提供をいただき執筆しております。

「東京」

日本の首都であり、人やモノ・情報が集中している世界から見ても先端的な都市と言っても過言ではない場所。

地方在住者から見れば憧れの的であり、そこに住んでいる人を眩しく感じてしまうことも。

東京へ転職すれば、地方には無い希望の職に就けたり、キャリアアップ年収アップが叶ったり。

また、多種多様な人と出会ったり、イベントや情報に触れることでアクティビティな日々を過ごせます。

かくいう私も、憧れやキャリアチェンジを夢見て今までに2回東京進出を目指していたのですが、実際は難しく2回共断念した経験があります。

そんな挫折経験を持っている私ですが、最近とある記事に出会いました。

中身を読ませていただいたところ、過去の自分に見せてあげたい情報が載っていた記事だったのでご紹介します。

この記事を読んでほしい人

  • 地方から東京への転職を目指している人
  • 転職活動をしている。もしくは「しよう」と考えている人

この記事を読んで得られるコト

  • 東京への転職を実現させる為のヒントが得られる

東京への憧れが強すぎないか?

私が東京での転職を目指した理由は、ぶっちゃけ憧れが8割くらいでした。

元々関東で生まれた身で、転職活動をしていた頃は「絶対関東に戻りたい」という気持ちが尋常じゃないくらい強かったです。

ですが、憧れが強すぎると現実的な懸念点を見失い無理をしすぎたり、東京へ行くことが目的になりすぎてしまい、転職してから仕事内容や職場が合わなかったなど、後悔してしまう可能性があります。

今、この文章を読んで東京へ行くことが目的になりすぎていたと感じた方は、転職して後悔した理由も知り、転職成功後東京でやっていけるのか冷静に分析することも大切です。

今回ご紹介しているコチラの記事には、東京への転職に後悔した理由が記載されており、現実的な懸念点を教えつつ転職成功へのポイントも紹介した内容となっています。

新卒就活時の話になるのですが、私はこのような懸念点を把握せずに、憧れだけで突っ走り内定まで取れたのですが、引っ越しの初期費用が用意できないことで内定を辞退せざるをえなくなり、断念しました。

記事内でも書かれているのですが、家賃は地方の1.5倍〜2倍以上と言われており、その分初期費用も高くなります。

逆に家賃を抑えようとすると、都心から離れてしまうので毎日の通勤に負担がかかります。

私はこのような現実的な懸念点に蓋をして就職活動をした結果、内定を取るまでの旅費や宿泊代などのコストを無駄にしてしまいました。

遠方からの転職活動は、仕事探しから内定後の引っ越しまで膨大なエネルギーを使います。

とりあえず内定を取ってから考えるのではなく、しっかり懸念点に向き合うことで時間やお金を有効的に使って転職活動を進めることができます。

今回ご紹介した記事の内容は「転職info」から読むことができます。

ぜひ、コチラの記事を活用して東京への転職をスムーズかつ有利に進めてみてください!

スポンサーリンク

-仕事